フランス留学日記

些細なことを気がすむまで語る

震災の時の記憶

友達に書いた文章をそのまま載せようと思います。そんな適当な感じです。このブログは。

 

あれから六年になる。震災をこの機に振り返ってみようと思う。

地震の折は偶然にも合唱コンの練習の最中で。クラスのほとんどの人が教室にいた。

次々に余震が来てたけど、僕らは倒壊の危険の少ない新校舎側に移動してまず中庭に出た。初めて体験した強烈な揺れだったのは誰もが同じで、みんな怖がっていたけど、こういう時はなんだか冗談とか笑いが出てしまう人もいるんだね。人って不思議だな。
それから家が学校から近い人は歩いて家に帰ることになった。僕もギリギリ帰れる距離だったので、ケイゾウや他の人たちと一緒に4時間くらい歩いて帰った。ハイランドを通った頃にはもうとっくに陽は暮れていて、空に星が見えた。あの日は、停電が起こっていて、三浦半島が本当に真っ暗だったから、星がすごくよく見えたっけ。太古の夜空もこんな感じだったのかなとぼそっと思ったのを覚えている。

そう、地震直後に、ヨウ素剤を飲んだよ。父方のあのおじいちゃんに言われて、いつも財布に携帯していた。原発の放射性ヨウ素の危険性はおじいちゃんに言われて知っていたから。

数日経って、僕と兄弟と葉山のいとこは一緒に滋賀にいる親戚の家に避難することになった。あの時は、政府の情報を疑って、必ずしもニュースの内容を信用している人は少なかったよね。不安が広がってた。。。結局滋賀の和邇という街で3週間くらい過ごして(その間、建屋が水素爆発で吹き飛んだりして延期、延期して)、とりあえず状況がだんだん落ち着いて来てから逗子に帰ろうということになった。帰った時には、とっくに合唱コンクールは僕なしで終わっていて、せっかく決勝に進んでいた科学と文化発表会の僕らのグループは惜しくも優勝を逃していて、何もかも終わってもう春休みに入っていた。そんな小さなことをきにするのはおかしい気もするけど。春休み中はずっと先輩とメールしていた気がするな、あの先輩と。それを妹が見つけて、からかわれて。。。これが僕の震災に関する全記憶。

でも、僕たち日本人はあれからほんと頑張って復興して来たと思う。大地が動いても揺るがない心があるっていうか、地震があるからこそ、日本人は強いのかなって。思います。でも今の原子力規制委の仕事ぶりは疑問を感じる。あのときはおじいちゃんの怒りは凄まじかった。

いじめについて

猫を買って来ました。

黒猫を。

モンマルトルで見つけた。前から気に入ってたんだよね。
シャノワール、って言うポスター。
部屋に飾る。

今日は寮に帰って来て、調子がいいのでいじめられた過去を振り返ってみようと思ったら、

自分の机だけない教室、いじめっ子をぶん殴った記憶、クラス中が共犯に見えた恐怖、どうして両親は気づいてくれなかったんだろう、、と言うところで帰れなくなりそうだったので今日はこのくらいでストップしてこっちに戻って来た。

でも、いじめられてたけど、最後まで一人だけ友達がいたのを思い出した。中学に入ってから、小学校の時の人間関係はリセットしちゃったので、卒業以来話してないけど。
その子と今度日本で話してみようと思う。

卒業してから10年も経つのに、未だに癒えない。

僕も猫のようにぼんやりといきていられたらよかった

f:id:cocoichi19:20170219213400j:plain

ゲド戦記

kindleゲド戦記2巻「こわれた指輪」を読みました。久しぶりにいい本を見つけたと思う。頭の中の暗いもやもやが引いていくような気がする。最近どうもおかしいと思ってた闇はようやく無くなった。気を抜いちゃいけない。

読むべき時に読むべき本を読める幸せ

惜しくも俳句になってない!

散歩、ひとりごと

f:id:cocoichi19:20170214083443j:plain快晴で、絶好の散歩日和。冬なのに本当に珍しい日だった。よさそうなレストラン、お菓子屋さんをいくつか見つけました。自分はお願いがあればパリで人を案内できるくらいになっていると思う。パリはすごく素敵な街である。


親子連れを見かけて思ったが、美術館というのは子供にとって退屈なところだと思う。俺も父親に連れられて長野や神奈川、東京の色々な美術館に行ったが、展示はほとんど覚えていない。なかでは叫んじゃいけないし、走っちゃいけないしずっと立ってると座りたくなるし。

例えば自分が歩くんじゃなくて、絵の方が動いてくれればいいのにと思っていた。ディズニーランドみたいに、乗り物に乗ってガイドも聴きながら、展示を見る。そんな美術館はひとつくらいないでしょうか。

最近描いた絵

久しぶりに作品を更新します。1月になって、どうしても部屋にこもって勉強ばかりしていて、俺は機械じゃないんだから、何か人間らしいことをしたいと思って、立て続けに3枚書きました。理工学のエンジニア志望の学生なので、絵のテクニックは全然ありませんが。絵を描くのがすごく好きで、昔から描いてます。描かないと多分、脳のエントロピーが最大になって崩壊してしまうんだと思うな。小学校の時も、昼休み中、友達とサッカーする誘いを断って、絵を描いていたな。懐かしい。

f:id:cocoichi19:20170207050632j:plain

 

 

 

 

 

2/6(月)

 

昨日は委員会パーティーでうるさかった。たく自分で飲んだ瓶くらい自分で片付けろよと、ゴミ袋が放置された台所を見て思う。

正直最近1週間くらいほとんどよく眠れてなくて、不機嫌。っていうかまた最近禁酒をやめて、ちょっとお酒飲んでるから、調子もおかしい。それには気づいてる。

 

去年の年末に壊された、あの自転車の被害届を貰いに警察署まで行った。状況説明。被害日時、場所、状況、生年月日、出生地、、と尋ねられて、生まれはフランスのレンヌ、というと、出身地の話になって、隣にいた女性警察官と、フランスの北の地方のことが話になった。僕が、

「北はいつも曇り空だけど、人の性格はやさしくて明るいと聞きました。」

というと、その女性は、北部リール出身で、すごく喜んでくれた。

「ねえ聞いたー?北の人は優しいって!」

お世辞じゃない。僕はお世辞も嘘も絶対言わない。だけど、この対応だけで、噂が立証されていることがわかった。

 

帰りに笑顔でサヨウナラって日本語で言われた。日本語を使ってくれると、自分を日本人として尊重してくれてるんだな、って感じる。

毎日ストレスが多いのは間違いないけど、こういう小さいことがあるだけでも心が温まる。

 

自転車壊されてよかった。何でも勉強になるなー。

 

 

生きなきゃ。最近忘れることが多かったけど、今日、強烈にまたそう思った。明日からやり直す。

 

最近描いた絵

最近描いた絵を報告したい。

 

兄貴の誕生日に描いて送った絵。クレヨンで普通の画用紙に無心で描いた。時々、全体的構想もないのにいつの間にか絵が出来上がってくる、という現象が起こる。今回はそれだ。多分、こういう時は描いていた時の気持ちが直接絵に現れる。

 

暖色系を左に、寒色系を右に配置し、人物は寒色の世界に置いた。その時に考えていたのは、人の善い部分と悪い部分について。

性善説性悪説というのがあるが、俺はどちらも正しいと思う。人は生れながらにして邪な部分の割合が多い人もいれば、素直で正直な部分の割合が多い人もいる。要は割合が大事なのだ。そしてその割合は、努力次第で変化してくる。

俺は、人の目と顔を見ればその人が良い人間か悪い人間か、ある程度判断できると思う。俺のおばあちゃんは、昔、「20を過ぎたら自分の顔には責任を持て」と教えてくれた。心が曇ってると瞳も曇る。嫌な表情をしていると嫌な人相になる。

 

願わくは、良い部分が多い人間になれるよう努力しよう。善悪に揺れている時、背中を少しだけ良い方向に向ける力があればいい。それが、自分をコントロールできる、という意味の自立ということのような気がする。

 

そんなこと思ってないで適当に描いたのかもしれないけどね。

f:id:cocoichi19:20161205063150j:plain